FNN.jpプライムオンライン artwork

立憲民主党代表選挙 最後の街頭演説 4候補が決意訴え

FNN.jpプライムオンライン

Japanese - November 25, 2021 21:22 - ★★★★★ - 1 rating
News Homepage Download Apple Podcasts Google Podcasts Overcast Castro Pocket Casts RSS feed


「立憲民主党代表選挙 最後の街頭演説 4候補が決意訴え」 立憲民主党の代表選挙は、4人の候補が25日、神奈川・横浜市で最後の街頭演説を行い、支持を訴えた。逢坂誠二元首相補佐官(62)「どぶ板、どぶ板。地域の皆さんの声をきいて、地域の課題を解決をする。この党に頼れるんだ、そういうものを、わたしは作り上げていきたい」小川淳也元総務政務官(50)「これまでの政治の流れに、明確にノーを突きつけなければならない。(新型コロナで)国民が本当に困ったとき、寄り添う言葉も政策も持ち得なかった」泉健太政調会長(47)「立憲民主党のこと、いつも自民党とけんかをしている政党じゃないか。わたしが代表になれば、やはりわが党の政策、全国民にどんどんアピールをしたい」西村智奈美元厚労副大臣(54)「自民党政権のもとで、あまりにも多くの理不尽なことが放置され続けてきた。日本初の女性の総理大臣として、この国の政治を変える」代表選挙は、30日に投開票が行われる。